耳鳴りめまい

めまい

投稿日:2017年2月8日 更新日:

ぐるぐるした眩暈、ふわふわした眩暈、くらっとする眩暈・・・。
一口に眩暈といっても、その症状は人それぞれ。中には重大な病のサインの場合もあります。

 耳鳴りはこちら

 

めまいのタイプ

ミトモ薬局  ぐるぐるした眩暈・・・回転性めまい

実際には身体は動いていないのに、目の前の景色がぐるぐる回っているようなめまい。

仰向けから寝返りを打つとめまいがする、頭を動かすとめまいがする、座った状態で横になるとめまいがする、ひどい時には吐き気や嘔吐があります。

主な原因は良性発作性頭位めまい症です。良性発作性頭位めまい症は耳の「三半規管(平衡感覚をコントロールする器官)」のなかに耳石(じせき)が入り込んでしまった為に起こるめまいです。

耳石は通常、三半規管の隣にある耳石器に乗っていて、三半規管と共に平衡感覚を保つために働いています。何らかの原因でこの耳石が三半規管に入りこんでしまった場合、回転性のめまいを引き起こします。この場合は、耳石をもとの位置に戻してあげる事、もとの位置から離れないように対応することで治ります。

良性発作性頭位めまい症の症状に頭痛や手足のしびれ、ものが二重に見えるといった症状がプラスされるようであれば悪性頭位めまい症の可能性もあります。

悪性頭位めまい症の原因は脳の小脳虫部(下虫)付近の腫瘍や出血、小脳萎縮などであり、めまいと同時に頭痛・吐き気・嘔吐を伴いますので、めまいが起こる姿勢になりたがらないのが特徴です。とても危険な状態といえます。

また前庭小脳に傷がついている時も同様の症状がみられることがあります。疑いのある方は、すぐに脳外科、脳神経外科の受診をおすすめします。

 

ミトモ薬局  ふわふわした眩暈・・・浮動性めまい

まっすぐ歩けない、雲の上を歩いているような感じがする、長時間繰り返して続く、首や肩のこりを伴う事が多い、めまい。顔面や手足のしびれ、まひ、頭痛などを伴うこともあります。

めまいの症状自体は、起立性めまいや回転性めまいよりも軽いのですが、原因が多岐にわたり特定しにくいことが診断を難しくしています。

【浮動性めまいになる要因】
  脳に障害がある
  貧血や低血圧
  ストレス過多、自立神経の不調
  眼精疲労
など。

いずれにしても、今起こっている浮動性めまいだけを考えるのではなく、過去にパニック障害や自律神経失調症と診断された事がないか、起立性低血圧を持っていないか、ストレスフルでないか、眼を酷使していないか、脳に腫瘍や出血、障害が見つかっていないか、などを細かにチェックして総合的に判断し、対応すると良いでしょう。

 

ミトモ薬局  くらっとする眩暈・・・起立性めまい

立ちあがったタイミングや、立っている時に起こるめまい。目の前が真っ暗になったり、ひどい時はそのまま気絶してしまいます。

これは「起立性低血圧」が主な原因です。人間は横になった状態や座った状態から起立する時に、一時的に血圧が低下します。健康体であれば血圧の変動値も小さく、脳への血量が足りなくなるということはありません。もともと一日のうちでかなり変動する血圧の恒常性を維持する器官は色々ありますが、秒分単位の調整を行っているのは自律神経です。

【起立性低血圧になる要因】
  不整脈、心機能不全、動脈硬化
  自律神経の不調
  加齢による反応力の低下
  貧血(血が足りない状態)
  産褥期(血をたくさん使う為、血が不足しがちな期)
  過食症、拒食症
  多量飲酒や糖尿病、アジソン病などによる脱水症
  抗うつ薬、マリファナなど薬物(による副作用)

 

中医学で考えるめまい
めまい実証と虚証★ミトモ薬局

 

中医学では、外部から侵入したり体内で生まれた邪(病因物質、オ血)による実証のめまいと、内臓機能の衰え(精・気・血・津液の不足)による虚証のめまいにまず大きく分けられます。

次いで、陰液の消耗による「肝陽上亢」タイプ、気血の消耗による「気血虧虚」タイプ、腎陰の不足による「腎精不足」タイプ、脾胃の損傷による「痰濁中阻」タイプと、原因別の4つのタイプに分けて対応していきます。

めまいの裏側に重大な病気が潜んでいることもあります。ちょっとした心がけですぐに解決するものもあれば、外科手術や漢方薬で元々の原因を解決することが必要な場合もあります。

漢方薬は効き目が遅い、と思われている方もいらっしゃると思いますが、それはちょっと違います。

急性の疾患であれば効果は早く漢方薬の服用期間も短く済みます。時間をかけて育ててしまった病因であれば、それなりの時間がかかります。しかしいずれにしても「最終的には近道であった」とおっしゃるお客様も多くいらっしゃいます。

また、現代医学との併用ももちろん出来ます。どうぞお気軽にご相談にいらしてください。

 耳鳴りはこちら

 

代表的な漢方薬

眩暈によく使われる漢方薬には、イスクラ杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、イスクラ八仙丸(はっせんがん)、イスクラ逍遙丸(しょうようがん)、イスクラ麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)、イーパオ(益宝)などがあります。

現代医学、中医学を上手に活用しながら、根治を目指していきましょう!!

漢方薬は医薬品です。
服用の際は、お気軽にご来店・ご相談ください。

 

ブラントダロフ法

耳石をもとの位置に戻す方法は医院によって異なり、エプリー法やブラントダロフ法、独自の方法、などがあります。

ここでは一例として、ブラントダロフ法をご紹介しますが、実際には医院で眼球の動きを見てもらいながら三半規管の中の耳石の位置を確認しながら治療した方が良いので、耳鼻科やめまいの専門医院で治療をして頂き、その後、漢方薬で再発を防ぐ、といった方法をオススメしたいと思います。

めまい☆ブラントダロフ法☆ミトモ薬局

 

お気軽にお電話ください!ミトモ薬局

 

 

-耳鳴りめまい
-, , , , , , , , ,

Copyright© 長野県松本市の漢方薬局ミトモ薬局 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.