風邪

風邪を予防しよう!

投稿日:2017年2月6日 更新日:

板藍根(ばんらんこん)

風邪予防★ミトモ薬局
風邪・インフルエンザが流行する季節になると、日本では「大根はちみつ」「にんにくの味噌づけ」「かりんはちみつ漬け」や、焼きねぎをガーゼでくるんで喉に巻いたり、首元や足元を温めたり、といった風邪予防の方法がありますね。

中国では、風邪・インフルエンザ予防の方法として板藍根(ばんらんこん)という、アブラナ科の植物ホソバタイセイの根を乾燥させたものがポピュラーです。板藍根をとかした水でうがいをしたり、お茶として飲んだりして予防をしています。

日本では、板藍茶と板藍のど飴として製品化されており、漢方薬局・薬店でお買い求め頂けますので是非試してみてください。

 

風邪にかかりやすいタイプ

風邪にかかりやすい人はそのタイプ別に対応して、風邪をひきにくい強い体を作りましょう!

ミトモ薬局  気虚(ききょ)タイプ
生命活動エネルギーである気が不足している状態を気虚(ききょ)といいます。普段から疲れやすい、やる気が持続しない、冷え症、食欲不振、胃もたれ、軟便または下痢しやすい、といった症状が表れやすい方です。

この場合は食べものや漢方薬で気を補うことが優先、次に防衛力を高めるためイスクラ衛益顆粒(えいえきかりゅう)をおすすめします。また夜更かしと睡眠のとりすぎは気を消耗しますので、早寝早起きを心がけます。 気を補う食べものはウナギ・山芋・栗・大豆・枝豆・ネギ・きのこ類・ニンニク・生姜などです。

ミトモ薬局  陰虚(いんきょ)タイプ
体の潤いが不足している状態を陰虚(いんきょ)といいます。普段から口や喉の渇き、のぼせ、ほてり、お肌の乾燥、不眠といった症状が表れやすい方です。

補陰薬という潤いを補う漢方薬で体の乾燥を防ぎ、余分な熱のもととなる油脂分の多いものや塩分の多いもの、香辛料、薬味野菜、は控えるようにします。潤いを補う食べものは豚肉・あわび・はまぐり・豆乳・レンコン・白きくらげ・梨・松の実・ゆり根・菊花などです。

ミトモ薬局ミトモ薬局  気陰両虚(きいんりょうきょ)タイプ
気虚(ききょ)と陰虚(いんきょ)の両方をあわせもつタイプです。胃腸機能が低下している方によくみられるタイプです。

気と潤いを同時に補ってくれる麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)がおすすめです。

また、冷たいものの飲食や生もの、糖分の多いものを控えて食事をゆっくりとるようにしましょう。

おすすめの食べものは人によって異なりますのでミトモ薬局にお気軽にご相談ください。

 

お気軽にお電話ください!ミトモ薬局

 

 

-風邪
-, , ,

Copyright© 長野県松本市の漢方薬局ミトモ薬局 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.