不妊でお悩みの方へ 更年期

指標は基礎体温表

投稿日:2017年2月2日 更新日:

基礎体温表

漢方の子宝相談、周期法では基礎体温表を指標とします。基礎体温とは、6時間以上の睡眠の後、静止した状態で測定した体温のことです。基礎体温表には、基礎体温のほかに、月経期間やおりものの状態、風邪などの病気の記録、薬の服用、性交渉の有無などを記録していきます。

基礎体温表からは、あなたのからだの状態が実によく読み取れ、不妊症、漢方の子宝相談だけでなく、更年期をどう過ごすのかまたアンチエイジングなどあなたの体のバランスを整えるのにとても役立ちます。

クリックすると基礎体温表が開きます★右のアイコンをクリックすると基礎体温表フォーマットが別窓で開きます。
印刷して是非ご利用ください。

アドビダウンロードサイトへ
★PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページへ。

 

基礎体温表のチェックポイントは4つです。

 低温期と高温期の差が、0.3℃~0.5℃か?
 排卵を境に低温期から高温期への移行がスムーズ(3日以内)か?
 低温期と高温期それぞれの期間内の体温は一定しているか?
 生理周期は25日~35日間か?

ミトモ薬局では、より詳しい基礎体温表の読み方とあなたにあったあなただけの対応策をご案内しています。是非一度、ご来店ください☆

 

いろいろな基礎体温表

 

波がジグザグ  波がジグザグ

低温期・高温期ともジグザグで波動が激しいのは、高プロラクチン血症の可能性があります。ストレスフルな生活環境や不規則な生活を送っている場合もこうなります。

 

 

低温期が短い  低温期が短い

生理周期が25日未満の場合、排卵が早い傾向があります。卵巣機能低下、卵胞発育不全の可能性があります。腎を補いながら熱性の症状を改善していきます。

 

 

低温期が長い  低温期が長い

排卵日が遅いため、卵胞の発育が遅い傾向があります。体を温めるエネルギーが不足した状態(腎陽虚)、良い血を養い、気血のめぐりを良くしていきます。

 

 

高温期が低く短い  高温期が低く短い

高温期が12日未満、低温期との差が0.3℃未満の場合、黄体不全や卵胞発育不全の可能性が高いです。卵胞の発育促進を中心に補腎薬で対応していきます。

 

 

一相性  一相性

高温期がまったくなく、全体的に体温が低い、無排卵の可能性があります。排卵障害の原因を調べるとともに、腎を補い、血のめぐりを良くしていきます。

 

お気軽にお電話ください!ミトモ薬局

 

 

-不妊でお悩みの方へ, 更年期

Copyright© 長野県松本市の漢方薬局ミトモ薬局 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.