不妊でお悩みの方へ 更年期

大切な生理

投稿日:2017年2月2日 更新日:

赤ちゃんが欲しい!というのは自然な気持ち、そして思い出してほしい事は
「生理なくして妊娠はない」ということです。

大切な生理一生のうち、約455回(!)訪れる生理は、妊娠以外にも女性にとって重要なバロメーターです。

中医学では生理は「子宮に集まった生殖の為の血が溢れて出てきたもの」つまり心身の健やかな成長(腎精)の記しでもあるわけです。
(※腎精についてはコチラもご参考ください)

女性にとって生理が順調であれば、更年期も怖くありません。
ここでキチンと生理の状態を整えてみませんか?

 

生理痛はナイのが当たり前!

生理痛はみんなあるでしょ?と思っている方、意外に多いのですが、実は生理痛はなくて当たり前です。

生理痛があるということは異常な状態、体からの「助けて!」のシグナルです。子宮筋腫などの病気である可能性もあります。たかが生理痛と思わずに、婦人科を一度受診してみるのも良いでしょう。

 

 

理想的な生理

  生理周期            25日~38日

生理初日から次の生理の前日までの日数を生理周期といいます。一般に排卵を伴う生理周期のことを指します。この期間より短かったり長かったりする場合には一度ご相談にいらしてください。(※初潮後の数年間は安定せず不順になることもあります)。

 

  生理期間             5日~7日

年齢によっても違いますが、一般的にこの日数内であれば問題ないです。
5日未満は生理過少、7日以上である場合は生理過多、いずれも何かしらの問題があります。

 

  生理の量

2日目が一番多いという方が多数で、日数の経過に伴って量も少なくなるのが一般的です。
1日目2日目のナプキンを換える回数が3時間以上に1回の場合や、逆に昼間でも夜用ナプキンを1時間未満に1回以上換える必要のある方は貧血になったりめまいが起きたりもしますから早めに対応しましょう。

 

  生理の色             赤~暗紅色

期間をとおして黒っぽい場合はおけつ(血の流れが悪い状態)、薄く水っぽい場合は血虚(血が足りない状態)の可能性が高く、状態が悪いといえます。

 

  生理の質            サラサラとした液状

レバーのような血の塊がある場合はおけつの可能性が高いです。

 

 

生理を整える為に!

  冷やさない!
女性にとって大切な血も子宮も冷やされるのを嫌います。ローライズ、冷たい飲食などで体温が低下している方、冷えを感じている方は体を温める工夫をしましょう。

  子宮年齢を下げない
ホルモンバランスや生殖・成長を司る腎の力によって子宮年齢=妊娠力は変わってきます。腎は加齢とともに低下していくのは自然の摂理ですが、良くない生活習慣やストレスによっても低下してしまいます。子宮年齢が低下気味の方は正常な状態に戻してあげましょう。

  ストレス対策をする
女性ホルモンは脳の視床下部と下垂体から下された指令によって卵巣・子宮をコントロールしています。しかしストレスがかかるとこの連携がうまくいかなくなり結果ホルモンバランスが崩れてしまいます。趣味をもったり、仲の良い友人とお茶したり、ストレスによい食生活をしたり、と上手にストレス対策をしましょう。

 

 

自然現象である老化や寿命は人間の力で変えることはできません。
しかし中医学(漢方)の知恵を生かすことで、病気を予防したり体の回復を図ってエイジング曲線を緩やかにすることは可能です。 その為にも、毎月の生理チェックはとっても重要です。 生理が順調であれば体調管理はもちろん、加齢による様々な病気やエイジングの予防に大いに役立ちます。

中医学は女性の諸症状、生理を整えることがとても得意です。
ミトモ薬局では、あなたにあったあなただけの対応策をご案内しています。
是非一度、ご来店ください☆

 

お気軽にお電話ください!ミトモ薬局

 

 

-不妊でお悩みの方へ, 更年期

Copyright© 長野県松本市の漢方薬局ミトモ薬局 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.