不妊でお悩みの方へ

不妊の漢方相談

投稿日:2017年2月17日 更新日:

夫婦結婚同居生活2年以上で避妊せず、妊娠しないことを不妊といいますが、現在の不妊原因は男性50%女性50%の割合であると言われています。

不妊相談は夫婦二人三脚

どちらかに原因があるのか、もしくはご夫婦ともに原因があるのか、赤ちゃんを望まれる方はどうぞご夫婦一緒に相談にいらしてください。
妊娠だけでなく出産後の子育てもご夫婦で協力しあって成り立つものです。

漢方の子宝相談

漢方の子宝相談

中医学や中成薬(漢方薬)は『妊娠しやすいからだづくり』を目標にしていきます。
ですから自然妊娠の確率を高めるほか、不妊治療の手助けをしたり、冷えや生理不順、生理痛、頭痛などの不快な症状を改善してくれるといったメリットがあります。

実際に子宝相談に来られた方から気がついたら生理痛がなくなっていた」「そういえば手足が冷えることがなくなった」「お肌がつやつやになったという感想が多数寄せられます。中医学は問題のある部位だけでなく、原因となっている根本的なものを全体像でとらえて対応していきますので結果的に元気と健康を取り戻せるのですね。

『妊娠しやすいからだづくり』のポイントは腎・血・気の3つです。
中医学による、腎・血・気の力を正常化もしくは強化してあげることによって、かわいい赤ちゃんを迎えましょう。

 

腎の力を強化して体年齢(子宮年齢)対策!

腎の力
 年齢が35歳をすぎている
 生理の血がうすい、または黒っぽい
 生理の量が少ない
 おりものが少ない
 基礎体温表の低温期が短い
 基礎体温表の高温期が短い

※基礎体温表については周期法とは?をご覧ください。

上記に当てはまる方は、体年齢(子宮年齢)が老化傾向にあるかもしれません。
子宮内膜が薄くなって着床しにくくなる、卵子が小さくなったり、卵子の質が低下したり、排卵しにくくなったりします。 中医学では、老化と関係のある腎の力の低下が考えられます。

体年齢は必ずしも実年齢と一致するものではありませんが、加齢とともに腎の力も弱まるのは自然の理です。 腎の力を積極的に補っていく必要があります。

【よく使われる漢方薬】
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)・参茸補血丸(さんじょうほけつがん)・杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)など。

 

血のちから不足・・・血虚とおけつ

血の力
 手足が冷える
 生理痛は温めると楽になる
 生理の血が黒っぽい、塊が混じる
 貧血・めまいがする
 基礎体温表の低温期が36℃以下
 基礎体温表の高温期が短い

※基礎体温表については周期法とは?をご覧ください。

上記に当てはまる方は、血が足りない状態(血虚)、血の流れが悪い(おけつ)かもしれません。 血は冷えるのを嫌うため、冷えると流れも悪くなり、子宮内膜の状態が悪くなったり、卵巣のパワーが落ちてしまったりします。

まずは良い血を養い、温めて、流れをよくすることが大切です。デスクワークの方は特にこまめに体を動かすようにしましょう。偏食や無理なダイエットも厳禁です。

【よく使われる漢方薬】
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)・冠元顆粒(かんげんかりゅう)・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)など。

 

ストレスは、気を傷つけています

気の力
 生理の周期が不安定
 妊娠のことで頭がいっぱい
 生理前や生理中にイライラする
 生理の量が一定しない
 何気ない一言に傷つく
 基礎体温表の波がばらばら

※基礎体温表については周期法とは?をご覧ください。

特に不妊治療を受けて長い方、不妊歴が長い方は上記に当てはまる事が多いです。「赤ちゃんはまだ?」というお友達や祖父母の一言、婦人科で「また避妊に失敗しちゃった」という何気ない一言にイライラしたり、焦ったり、悲しくなったり・・・。

ストレスは卵巣や子宮にも影響を与えていることを知っておきましょう。子宮内膜が厚くなったり無排卵になったり卵子の質が悪くなったりします。

とはいえ「悲しまないように」というのは無理な事。泣きたい時は思い切り泣く、言いたい事は夫や祖父母にハッキリ言う、いいと思います。特にパパになるだんなさまにはゆっくり話を聞いてもらいましょうね。不安な事はミトモ薬局に、何でもご相談にいらしてください。

【よく使われる漢方薬】
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)・逍遙丸(しょうようがん)・開気丸(かいきがん)・天王補心丹(てんのうほしんたん)・炒麦芽(いりばくが)など。

 

お気軽にお電話ください!ミトモ薬局

 

 

-不妊でお悩みの方へ

Copyright© 長野県松本市の漢方薬局ミトモ薬局 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.